キャッシング 上限額

MENU

キャッシングには上限額がある

消費者金融や銀行でお金を借りることをキャッシングと言います。
このキャッシングの契約の際、初めにお金の借り入れの上限額を決めます。
上限額というのは、いくらまでなら借り入れできるという額のことです。
この額の範囲内であればいくらでも借り入れ・返済を行えるのです。
この上限額は最初の額から全く変わらないわけではありません。
年収や毎月きちんと返済できているかによって額が上がりますので、いずれは上がるのです。

 

しかしこの上限額、何も考えずにアップすると良くありません。
お金を借りることができるというのは、いざという時に助かるものです。
ですがたくさん借りることができるようになると、安心しきってお金に関してルーズになる恐れがあります。
お金は借りたら返すが原則ですし、消費者金融や銀行で借りるとなったら
金利がつきます。
なので借りたらさっと返して、契約を終了させるのが一番です。
特に必要ないのであれば、上限額をアップさせる審査を受けないようにしておきましょう。

 

 

 

 

"

キャッシングの上限額関連ページ

キャッシングは銀行や消費者金融だけじゃない
キャッシングをするとき、消費者金融ではなくクレジットカードのキャッシングを利用してみましょう。クレジットカードを作るときに設定するだけなのでとても便利なので、クレカを持つときにはぜひ設定しましょう。
キャッシングの審査に必要なもの
キャッシングの審査に必要なものは身分証明証です。このほかにも、健康保険証や源泉徴収などが必要になる場合もあるので、事前に電話なので確認しておきましょう。
事前審査と本審査
キャッシングには事前審査と本審査があります。ブラックリストでないかぎり、事前審査は簡単にクリアでき、事前審査が通れば本審査も多くの方がクリアしています。
アルバイトでもキャッシングは利用できる?
アルバイトのフリーターでも、急にお金が必要になることがありますよね。アルバイトでもキャッシングを利用することができるのでしょうか。