MENU

フリーターでもキャッシングを利用できるのか?

アルバイトキャッシング

アルバイトもキャッシングが利用できるのでしょうか。

キャッシングに関する審査の内容や取り決めは、金融機関によって違いがあります。アルバイトのような非正規雇用ではキャッシングできないと言い切ることはできないのが現状です。キャッシングの審査では、これまでの利用履歴などとも関連しています。キャッシングの審査に際しては、金融法改正以前の借入の内容や、返済履歴を確認した上で、審査を行っているところもあります。
法改正より前ならアルバイトでも融資が受けられたものの、法律が変わったことで融資が不可能になることがあります。最近はこういう事例が少なくありません。

 

今まではアルバイト勤務でもキャッシングは行えるケースが多く、審査もそれほど厳しくなかったようです。法律の改定に伴い、収入に対するキャッシングの上限が決められました。アルバイトの人に対しても、収入が証明できる書類を提出し、それに対する融資額に留まります。人によってはこれまで利用してきたキャッシングが利用できなくなることもあり、これまでのようには利用できないのかと危惧する人もいます。アルバイトとして働く人でも、キャッシングが使えれば可能性は広がります。非正規雇用者の多い昨今の日本経済では、お金のやりくりも大変です。借りたお金を確実に返すためにも、アルバイトで働いている人は、返済が可能な範囲での借入にするように心がけましょう。

アルバイトでもキャッシングは利用できる?関連ページ

キャッシングは銀行や消費者金融だけじゃない
キャッシングをするとき、消費者金融ではなくクレジットカードのキャッシングを利用してみましょう。クレジットカードを作るときに設定するだけなのでとても便利なので、クレカを持つときにはぜひ設定しましょう。
キャッシングの審査に必要なもの
キャッシングの審査に必要なものは身分証明証です。このほかにも、健康保険証や源泉徴収などが必要になる場合もあるので、事前に電話なので確認しておきましょう。
事前審査と本審査
キャッシングには事前審査と本審査があります。ブラックリストでないかぎり、事前審査は簡単にクリアでき、事前審査が通れば本審査も多くの方がクリアしています。
キャッシングの上限額
キャッシングには上限額というものがあり、借りれる金額は決まっています。収入があがったり滞りなく返済をすると、信頼度が上がり町に住めるようになるのです。