キャッシング審査の在籍証明

MENU

キャッシング審査の在籍確認は電話が主流です!

キャッシングの審査では、融資を行う前に大抵は在籍証明を行います。

 

在籍証明とは、勤務している会社に金融会社が電話をかけてきて、本人が間違いなく会社で働いていることを確認するというものです。
もちろん、キャッシングを利用していることを秘密にしたいという人に配慮してくれますので心配する必要はありません。

 

金融会社名は基本的には名乗らず、審査するオペレーターの個人名などが利用されることが多いようです。
本人が必ずしも電話口に出なくても良いと言われておりm多くの金融会社では、「不在です」という返答さえもらえれば審査は問題なしとするようです。

 

在籍証明は審査の中でも重要な部分を占めますから、確実に融資を受けるためには、会社名や会社の電話番号は正確に記入を行いましょう。
もちろん、在籍確認ができなかったために審査に断られたという人もいます。

 

会社によっては、個人名で会社に電話をかけてくる人という状況を怪しんで、満足に対応しないこともあるでしょう。在籍証明の電話を自分が取ることができれば問題ないのですが、融資が受けづらいことになる場合もあります。
そのため、キャッシング会社を、在籍証明の方法が気になる場合には良く考えて選ぶことが不可欠です。
他の人に融資を受けていることを知られたくないと話をしたときに、丁寧に相談にのって対策をしてくれるキャッシング会社からの融資が安心ではないしょうか。

 

もちろん、必ずしも電話がかかってくるわけではありませんし、他の在籍証明もすることができます。

 

>>スマホでキャッシング申請する方はこちら!

キャッシング審査の在籍証明について関連ページ

キャッシングの審査について
キャッシングは、申請すれば誰もが利用できるものではありません。必ず審査があります。利用者の現在の状況など、複数の消費者金融を利用している場合は審査に落ちることもあります。
自己破産者は融資を受けられるのか
自己破産者でも消費者金融からキャッシング(融資)が受けることができるのか気になりますよね。実際のところ本当に審査を通るのは難しいです。
銀行系キャッシングの総量規制
銀行からお金を借り入れることは、総量規制には関係しません。ですが、銀行系と呼ばれるキャッシング(消費者金融)の場合は総量規制が適用されるので注意が必要です。