銀行系キャッシングの総量規制

MENU

銀行系キャッシングの総量規制

銀行系キャッシングとは銀行が出資してつくったキャッシング会社のことです。
銀行キャッシングとは銀行が直接行うキャッシングのことです。

 

貸し主が銀行系の場合と、銀行の場合とがあるわけですが、両者の違いは何でしょうか。
審査の基準や金利などが、外から見ると類似しているようですが、かなり異なります。
金利が高く、利用限度額が少ない代わりに審査結果が出るのが早いのが銀行系です。大口の融資が低金利で可能なのが銀行ですが、審査にかかる時間も長いうえに、審査は簡単には通らないでしょう。

 

大きな差として、銀行は総量規制の対象になりませんが、銀行系は総量規制の対象になります。

 

そもそも総量規制とは、年収の三分の一までしか融資が受けられないという法律です。銀行系の金融会社が貸し主となった場合、キャッシングの上限金額が自ずと定まってしまうということです。貸金業者として登録されている金融会社は規制の対象となっています。貸金業者としての登録をしなくても、銀行はキャッシング融資をすることが可能なのです。キャッシングを年収の三分の一という制限より多くしたい場合は、銀行を貸し主にしたキャッシングを必ずしなければならないでしょう。たくさんキャッシングをするのでなければ銀行系キャッシングは便利ですので、こちらをメインに使いながら必要に応じて銀行を利用すると良いでしょう。

 

>>スマホでキャッシング申請する方はこちら!

銀行系キャッシングの総量規制関連ページ

キャッシングの審査について
キャッシングは、申請すれば誰もが利用できるものではありません。必ず審査があります。利用者の現在の状況など、複数の消費者金融を利用している場合は審査に落ちることもあります。
キャッシング審査の在籍証明について
キャッシングの審査では在籍証明が必要になる場合があります。その場合は電話にて電話が主な在籍確認の方法となりますが、心配する必要はありません。
自己破産者は融資を受けられるのか
自己破産者でも消費者金融からキャッシング(融資)が受けることができるのか気になりますよね。実際のところ本当に審査を通るのは難しいです。