MENU

自己破産者は融資を受けられるのか

さまざまな理由で自己破産をしてしまった場合、借金はなくなるとはいえデメリットはたくさんあります。
クレジットカードを持つことはできませんし、個人信用情報期間に5年から10年は自己破産者として記載されることになります。
ブラックリストと呼ばれるものですが、掲載されてしまうと銀行や金融機関などで融資をしてもらうことが非常に難しくなります。

 

自己破産者になって、返済の必要がなくなっても、社会的な信用がなくなってしまいます。
法律では7年と定義されていますが、その後も審査は厳しくなってしまいがちです。
自己破産者に対して融資が可能な金融機関は、多くの場合はヤミ金融に限定されます。つまり、非合法な金融業者のような金利の高い融資でなければ借りることができないのです。
自己破産をすると何年も住宅ローンはおろか車のローンさえ組むことが難しい状況になってしまうのです。

 

借金で困っている人は安易に自己破産を考える前に、今の借金をどうにか整理する方法を考えましょう。地域の自治体に出向いて相談するという方法もあります。

 

一度でも自己破産者になったことがある人は、同じことを二度起こさないように注意することです。自己破産者になることは自分一人の問題ではなく、家族、友人、連帯保証人の人などに迷惑をかけています。自己破産者になるきっかけは、気軽に融資を受けたことにある人も少なくありません。

 

>>スマホでキャッシング申請する方はこちら!

自己破産者は融資を受けられるのか関連ページ

キャッシングの審査について
キャッシングは、申請すれば誰もが利用できるものではありません。必ず審査があります。利用者の現在の状況など、複数の消費者金融を利用している場合は審査に落ちることもあります。
キャッシング審査の在籍証明について
キャッシングの審査では在籍証明が必要になる場合があります。その場合は電話にて電話が主な在籍確認の方法となりますが、心配する必要はありません。
銀行系キャッシングの総量規制
銀行からお金を借り入れることは、総量規制には関係しません。ですが、銀行系と呼ばれるキャッシング(消費者金融)の場合は総量規制が適用されるので注意が必要です。